銀行・金融機関の
建設・リニューアル支援

金融機関を取り巻く環境は大きく変化し、従来の店舗や施設の在り方を見直すことが求められています。明豊FWは、競争力強化と事業継続性において、施設や店舗の課題解決に対する意思決定を支援いたします。

明豊FWは、建替えスキームの検討、老朽化した本店や支店の改修や新築・建替えといった工事だけでなく、基幹設備(熱源設備・受変電設備・非常用発電機)の更新や、付帯設備機器を全国で一斉に更新するといった多拠点同時進行工事など、金融機関におけるさまざまなプロジェクト実績を有しており、金融機関様のお悩みに対し、お客様とともに解決策を導き出します。

建設プロジェクトに関するご相談、サービスに関するご質問などお気軽にお問合せください

お問い合わせはこちらから

このような課題を
お持ちではありませんか?

  • 施設に関する投資を最適化し、結果としてコストを削減したい
  • 店舗の老朽化と来店客数の減少する中で、店舗の保有検討、建替え、改修の判断をしたい
  • 画一的な意匠の店舗ではなく、地域に根差した店舗をつくりたい
  • 設計事務所、施工者、あるいは取引先などからの多くの提案に対して、最適な選択をしたい
  • 老朽化した複数の店舗全体を、全体の方針策定も含めてマネジメントしてほしい
  • 本店建替えプロジェクトの経験者がいない為、プロジェクトの進め方がわからない

明豊ファシリティワークスの
CM採用のメリット

建設のプロがCM方式を通じ、お客さまの立場で品質・コスト・工期をコントロール

お客様の側に立つプロフェッショナルとして、お客さまの課題を抽出し、「何を(計画)」「いくらで(予算)」「いつまでに(スケジュール)」「どのようにして(体制)」を明確にし、早期にプロジェクトを具現化いたします。プロジェクト全期間を通じ、お客さまの立場から品質確保、コスト縮減、工期短縮の実現をサポートいたします。

豊富な都市銀行・地銀・信用金庫などの金融機関の新築・リニューアル・改修実績

明豊FWには、都市銀行、地銀、信用金庫、保険会社、証券会社など、多くの金融機関の店舗や本店・本部の新築・改修のプロジェクトマネジメント実績があります。店舗の建築を検討する際に、職員の動線、機器の配置、来店客の使い勝手、使い心地・感動・印象などもあらかじめ検討することで、効果的な店舗建築を実現いたします。

都市銀行・地銀・信用金庫などの金融機関に精通したインハウスの専門スタッフがお客様を支援

明豊FWには、建築、構造、設備だけでなく、ICT、内装デザイン、家具・什器にいたるまで、金融機関の経験豊富なインハウスのスペシャリストが多数おります。明豊FWは、金融機関特有の勘定端末・オープン出納・ATMなどの計画、FISC対応、防犯、コンプライアンスや事業継続計画(BCP)対策を含めた店舗構築にワンストップで、スピード感のあるサービスを提供します。

明豊FWのCM方式、建設プロジェクトにおける役割、具体的な採用のメリットについては、
明豊FWについて」のページにまとめています。併せてご一読ください。

明豊FWについて

銀行・金融機関の建設・リニューアル支援の実績

主なプロジェクト実績

施主名 プロジェクト概要
川崎信用金庫 様保有方針検討本部本店 保有方針決定プロジェクト
城北信用金庫 様新築建替え本店営業部第二別館建替えプロジェクト
多摩信用金庫 様新築移転本店本部 新築移転プロジェクト
多摩信用金庫 様テナント移転入居永山支店 移転プロジェクト
埼玉縣信用金庫 様新築移転本店営業部建替えプロジェクト
埼玉縣信用金庫 様ビル購入・改装・入居事務センター新設プロジェクト
紀陽銀行 様新築移転岩出支店 新築移転プロジェクト
平塚信用金庫 様新築移転追分支店 建替えプロジェクト、南林間支店 新築プロジェクト、金目支店 建替プロジェクト、八幡支店 建替えプロジェクト
都市銀行 様 ほか新築移転新店舗建築及び入居工事・金融機関特殊工事の発注支援及び工事マネジメント
都市銀行 様 ほか新築移転店舗設計基準書作成プロジェクト
地方銀行 様 ほか新築移転店舗リニューアルプロジェクト
証券会社 様 ほか新築移転本社移転プロジェクト
都市銀行 様多拠点工事営業店舗改革プロジェクト
その他金融機関 様多拠点工事営業カウンター改修プロジェクト
都市銀行 様 ほか空調・電気設備更新、建物改修設備更新プロジェクト(空調・照明・受変電・発電機)
都市銀行 様 ほか空調・電気設備更新、建物改修耐震診断調査プロジェクト、耐震改修工事プロジェクト
地方銀行 様 ほか空調・電気設備更新、建物改修本社・店舗建物診断、中長期修繕費用算出、中長期修繕計画策定プロジェクト

銀行・金融機関の建設・リニューアル支援における
明豊FWのソリューション

お客様の立場で建設のプロがサポート

当社は設計者や施工者と異なり、大きな工事や過剰な設備を提案することはなく、純粋にお客様の立場で同じ目線に立って、何がお客様にとって本当に良いソリューションなのか、何が最もコスト効率が良いかをご提案します。
設計者や施工者との協議では、当社がお客様の横に座り、お客様の立場で専門性を補完し、判断をご支援します。

第三者である当社が常にプロセスを可視化

私たちは、事業成功を目指していく過程(プロセス)を「中立的な第三者」の当社が、お客様にとってわかりやすく可視化することが大切であると考えています。モノ・コトを決めていくプロセスを見える形にまとめ、多くの関係者とお客さまにとってステータスを随時共有すると共に、関係者への説明責任を果たしながら、ゴールを見失うことなく事業成功の実現に向けて支援いたします。

プロセスの可視化(イメージ)

ワンストップ・サポート

金融機関の新築、改修では建物本体の設計者、施工者だけでなく、内装工事会社、電話・LAN設備工事会社、家具ベンダーなど、多くの直営工事会社との連携が非常に重要となります。
当社は、建物本体だけでなくこれらの直営工事についても基本計画書を作成した上で施工者選定などを行い、これらの会社との連携をワンストップでご支援します。

複数店舗の全体方針策定、施設コストの最適化支援

金融機関の新築・改修に関して、金融機関に精通したスタッフが、CM(コンストラクション・マネジメント)手法を用い、お客様の立場に立ったプロジェクトマネジメントを行います。金融機関における基本構想・基本計画策定から設計、発注、施工の各段階のマネジメントまで、ワンストップでサービスをご提供しています。

CM方式によるコストマネジメント

私たちは基本計画時にプロジェクト関係者から十分なヒアリングを行い、精度の高い予算を構築します。貴社の要望とコストのバランスを調整した上で、入札や提案に必要な要求水準を明確にし、応札会社の仕様やコストの振れを防ぎ、公正な競争環境を創出いたします。私たちは、計画から竣工までのすべての検討プロセスと検討内容を透明にすることで、建築コストを正確にコントロールいたします。

設備更新のコストマネジメント

築年数の経過した本店・本部ビルなどでは竣工当時の設備容量・システムのまま運用されており、現在の利用状況と合致していないケースが多くあります。当社は本店・本部ビルの設備更新にあたり、実際に使用している容量を調査、現状のスペックに合致した最新のテクノロジーの設備への更新をご提案します。設備を最適化することにより、更新にかかるイニシャルコスト、保守・運用にかかるランニングコストを削減します。「お客様側のプロ」として設備の専門性を補完、受変電設備、空調熱源設備から無停電電源設備や発電機設備まで環境に配慮したCM(コンストラクション・マネジメント)手法を用いて円滑に工事をマネジメント致します。

コスト削減 最適なリニューアル計画とVE※提案
  • 最適な設備方式、設備容量、省エネルギー策を提案し、工事費、水光熱費を縮減します。
  • 競争原理を活かせる発注方式を提案し工事費を縮減します。
  • 設計、施工中は徹底したコスト管理により想定外の工事費増大を回避します。
安全確保、品質維持を支援
  • 難易度の高いプロジェクトの安全確保及び品質維持をお手伝いし円滑にプロジェクトを推進します。
  • 数多いリニューアル工事の経験から事前にリスクを抽出、解決策の提示を行いリスク低減、回避を支援します。
  • 設計者、施工者から提示される図面、資料、見積書などについて妥当性の確認、第三者的な評価が可能です。
スケジュール遵守
  • 数多いリニューアル工事の実績から方針決定~予算取得~調達~設計~施工~竣工まで現実的な事業スケジュールの策定を支援します。
  • フロントローディングにより検討作業を前倒しすることで効率的に調査、検討を進め、顧客の意思決定を支援します。
  • 設計者、施工者の業務をモニタリングし、業務の履行や進捗確認を行うことでスケジュールを管理します。

VE(Value Engineering): 実現する価値と要するコストの関係を明確にし、価値を損なう事無くコストが低い他の選択肢を用いる考え方

CM手法を活用して、コンセプトメイクから竣工までをワンストップで支援

金融機関施設の新築・改修に関して、金融機関に精通したスタッフが、CM(コンストラクション・マネジメント)手法※を用い、お客様の立場に立ったプロジェクトマネジメントを行います。金融機関施設における基本構想・基本計画策定から設計、発注、施工の各段階のマネジメント、またそれらにおける金融機関様内部での経営判断のご支援まで、ワンストップでサービスをご提供しています。

Construction Management[CM]=建築や設備のプロであるコンストラクション・マネージャー(CMR)が、技術的な中立性を保ちつつ発注者の代行者または補助者となって発注者側に立ち、基本計画や設計の検討、工事発注方式の検討、工程管理、コスト管理など各種マネジメント業務の全部又は一部を行うマネジメント手法。
明豊ファシリティワークスのCMについてはこちらを参照

私たちは、お客様の課題をしっかりと
理解し、納得していただいた上で
課題解決にお役に立ちたいと考えています。

建設プロジェクトに関するご相談、サービスに関するご質問などお気軽にお問合せください

お問い合わせはこちらから

さらに明豊FWやCM方式について
詳しく知りたい方は

明豊FWについて

明豊FWは、お客さま側に立つプロとしてお客さまの建設プロジェクトを支援いたします。明豊FWの具体的な役割や、明豊FW採用のメリットにつきご紹介いたします。

会社概要・主要取引先

明豊ファシリティーワークスの会社概要や主要取引先などをご確認いただけます。会社規模や有資格者一覧、受賞実績なども掲載しています。

導入の流れ

お客さまからご連絡をいただき、私たちが建設プロジェクトの支援をさせていただくまでの流れをご紹介いたします。

よくあるご質問

お客様から多く寄せられるお問い合わせについて解答します。また、より明豊FWがわかる資料をダウンロードいただけます。