明豊ファシリティワークスについて

お客さま側に立つ、建設のプロを活用しませんか?

私たち明豊ファシリティワークスは、建物を所有、もしくは建設のプロジェクトを控えたお客様に対し、お客さま側に立つ建設のプロとして、
課題解決を支援する会社です。建設プロジェクトの立ち上げから、プロジェクトの推進、保有施設の運用・管理まで、
施設に関するあらゆる段階からお客さまを支援いたします。

オフィス移転・統廃合プロジェクトを控えたお客様は、「オフィス移転の支援、PM・コンサルティング
オフィス・働き方改革導入支援」 「拠点再編・複数オフィスの統廃合の支援」のサービス・事例ページを併せてご覧ください。

お客さまの側に立つプロが必要とされる背景とは

一般的に、建設プロジェクト経験の少ないお客さま(発注者)は、建設分野のプロに対し、情報の少ないなかで、判断していかなくてはいけない状況に置かれています(図1)。明豊FWのCMr(コンストラクションマネジャー)は、建設分野のプロとしてお客さまの側に立ち(図2)、CM(コンストラクション・マネジメント)方式により、品質・コスト・スケジュールをマネジメントいたします。

図1 情報の非対称性

設計者 「建物仕様についてA案とB案をご提案させていただきます。ご決定頂けますか。」
発注者(...どちらを選択すれば良いのだろう?)

CM方式の
採用

図2 発注者側の技術的補完

設計者 「建物仕様についてA案とB案をご提案させていただきます。ご決定頂けますか。」
明豊CMr 「A案の発注者様のメリットとデメリットは◯◯です、費用は◯◯くらいです。B案については...です。一般的にはC案という方法もあります。」
発注者 「我々の求める建物仕様としてB案が妥当です。設計を進めてください。」

明豊ファシリティワークス採用
5つのメリット

私たちは、お客様側に立つプロとして、お客様の建設プロジェクトを支援いたします。
明豊ファシリティワークスによるコンストラクション・マネジメント方式の採用メリットをご紹介いたします。

merit 01プロジェクトの早期立上げ

お客さまの課題を抽出し、「何を(計画)」「いくらで(予算)」「いつまでに(スケジュール)」「どのようにして(体制)」を明確にし、早期にプロジェクトを具現化いたします

判断材料の少ない事業の構想段階で、弊社がお客様のプロジェクト目的やコンセプト、設計・施工の難易度、建築予定地の適合性、行政手続などのプロジェクトの諸条件を整理します。お客様の計画をCG(コンピューターグラフィック)などで具体化し、精度の高いスケジュール、予算をご提示することで、経営判断に関する意思決定を支援、プロジェクトの早期立上げを実現します。

merit 02お客様の業務負荷低減と
ノウハウの補完

プロジェクト期間を通して、お客さまと協働・サポートできる体制をつくります

建設事業の推進には膨大なタスクと多数のステークホルダーとの調整が発生し、プロジェクトの担当者には大きな負担がかかります。弊社がプロジェクト期間中、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)として、プロジェクト事務局を支援することで、お客様の業務負荷を低減し、お客様は本来のコア業務やより創造性の高い業務に注力頂けます。また、プロジェクト経験豊富なスタッフが建設事業のノウハウを補完、専門家としてサポートすることで、お客様内の合意形成や円滑なプロジェクト推進を支援します。

merit 03建設コスト削減

プロジェクト固有のリスクを見抜き、途中段階でのコストオーバーを未然に防ぎます

計画時点の予算に対し、建設コストが大幅に超過するケースが増えています。弊社は初期段階で精度の高い予算を策定、それ以降のコスト推移を常にお客様と共有することで、予算超過による手戻りを防止し、予算内でのプロジェクト実現を支援します。発注段階では、建設市場動向にあわせた発注戦略や入札参加者のリスクを低減する発注図書の作成により、公正かつ透明性を担保した競争環境を構築、設計段階ではVE(バリューエンジニアリング)手法を活用し、建設コスト削減を実現します。

merit 04工期短縮

プロジェクトの全体像をマスタースケジュールに落とし込み、遅延を防止します

プロジェクトの初期段階に完了までのシナリオを構築、マスタースケジュールとして提案し、「誰が、いつ、何をするか」を可視化します。ステークホルダーの役割分担と各段階で想定されるリスクを明確にし、想定外を減らすことで、プロジェクト遅延を防止します。また、設計・施工者選定段階では設計者・施工者から各社の技術力を活かした工期短縮提案を求め、それを精査することで、更なる工期短縮を実現します。

merit 05品質確保及びアカウンタビリティ(説明責任)の向上

プロジェクト固有のリスクを見抜き、途中段階でのコストオーバーを未然に防ぎます

計画時点の予算に対し、建設コストが大幅に超過するケースが増えています。弊社は初期段階で精度の高い予算を策定、それ以降のコスト推移を常にお客様と共有することで、予算超過による手戻りを防止し、予算内でのプロジェクト実現を支援します。発注段階では、建設市場動向にあわせた発注戦略や入札参加者のリスクを低減する発注図書の作成により、公正かつ透明性を担保した競争環境を構築、設計段階ではVE(バリューエンジニアリング)手法を活用し、建設コスト削減を実現します。

施設に関するあらゆる課題解決を支援いたします

私たちは、建設プロジェクトの立ち上げから、プロジェクトの推進、保有施設の運用・管理まで、
施設に関するあらゆる段階から支援いたします。

建設プロジェクトの立ち上げ支援

建設プロジェクトの構想段階から、発注者様の最初のご相談相手として、事業構想策定の支援を行います。 お客様の事業目的を理解し、制約条件の整理、施設コンセプト策定、事業方式の提案、マスタースケジュール、事業予算案の作成など建設プロジェクトの事業化に向けたサポートを行います。 また、ご要望に応じて施設の現状調査・課題抽出を行い、生産性向上、イノベーション創出、働き方改革など事業目的にあわせたソリューションをご提案いたします。

建設プロジェクトの推進

多数のプロジェクト関係者の役割を明確にし、その業務履行状況とコスト推移を一貫してモニタリングすることで、プロセスの透明性を確保しながら、発注者様と一体となって建設プロジェクトを円滑にハンドリングします。 施設建設の設計、工事発注、工事、各段階のマネジメントのほか、家具・什器・AV 機器・IT インフラ設備・セキュリティ設備など付帯する工事のマネジメントまでワンストップのマネジメントサービスをご提供します。

ファシリティマネジメント

お客様の保有施設のライフサイクル(維持・管理・修繕・更新・解体)について、経営・管理・運用の視点から戦略立案及び効率的なマネジメントを支援します。既存施設の有効活用・長寿命化の課題を整理して、発生修繕から計画修繕 「ストックマネジメント」に移行する為の計画( ER、LCC、LCM) 策定から、実行段階における設備更新や個別工事のマネジメント、修繕工事の見積査定、及び施設情報のデータベース構築など幅広く対応が可能です。

ER : エンジニアリング・レポート(建物の仕上げ・構造、設備の劣化状況、耐震性能などの物理的調査)

LCC : ライフサイクルコスト(建物の維持管理、最終的な解体・廃棄までに要する費用の総額)

LCM : ライフサイクルマネジメント(ライフサイクルコストの最適化、中長期の修繕・更新計画等)

明豊ファシリティワークスの
CM(コンストラクション・マネジメント)

明豊ファシリティワークスのCMは、通常のCM手法の活用のみならず、徹底したお客様本位の原点に立ち、すべてのプロセスを完全にオープン(可視化)にした当社独自のマネジメント手法です。特に、お客様が事業を構想する上流工程においては、徹底した中立的な立場で精度の高い基本計画を作成し、現実的なコストやスケジュールをお客様と共に検証する事で、プロジェクトの早期立上げが可能となり、お客様の事業計画をいち早く実現する役割を果たします。
また、あらゆる施設の新築や改修工事及びオフィス移転等、プロジェクトの進行途中で予算超過に直面した場合であっても、計画内容や発注方法の見直し、VE(バリューエンジニアリング)提案を通じて、建設コスト削減を支援します。様々な分野において専門性をご提供するとともに、「明豊のCM」によってコスト削減とスケジュール遵守を実現します。

VE : 実現する価値と要するコストの関係を明確にし、価値を損なう事無くコストが低い他の選択肢を用いる考え方。

導入の流れとよくあるご質問

お客さまからご連絡をいただき、私たちが建設プロジェクトの支援をさせていただくまでの流れをご紹介いたします。
また、お客さまよりお問い合わせいただいたご質問の中から、導入時に生じる疑問や心配事をまとめています。

さらに明豊FWやCM方式について
詳しく知りたい方は

サービス・実績

明豊ファシリティワークスのCM方式の活用事例を工場、公共施設やオフィスなどの業界・用途別にまとめたページです。個別プロジェクトの概要もご覧いただけます。

会社概要・主要取引先

明豊ファシリティーワークスの会社概要や主要取引先などをご確認いただけます。会社規模や有資格者一覧、受賞実績なども掲載しています。

資料ダウンロード

「明豊ファシリティワークスのコンストラクション・マネジメント」を紹介する資料を作成いたしました。

明豊FWがわかる書籍

日本経済新聞社系列の日経BP社から発刊された書籍です。取材を通じて明豊ファシリティワークスのサービス内容や導入事例を、クライアントへのインタビューをもとに、わかりやすくまとめていただいています。