温室効果ガスの削減・再生可能エネルギー導入のための脱炭素化支援コンストラクション・マネジメントサービス 温室効果ガスの削減・再生可能エネルギー導入のための脱炭素化支援コンストラクション・マネジメントサービス

保有施設全体のCO2排出量を可視化・一元管理
的確な削減目標設定と効果的な削減施策の策定
脱炭素化戦略の立案・遂行を支援

パリ協定で温室効果ガス削減に世界共通の長期目標が掲げられ、日本国内でも2030年までの温室効果ガスの削減目標の大幅な引き上げ、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル宣言」により、企業・自治体の気候変動に対する取り組みが加速しています。

「SBT」、「RE100」による温室効果ガスの削減や再生可能エネルギーに関する目標設定、 「TCFD*⁴」、「CDP*⁵」による気候変動対策に関する評価情報開示、「SDGs*⁶」、「ESG*⁷投資」など、様々な取り組みに関心が高まる中、脱炭素化、再生可能エネルギー導入に向けた具体的な対策の立案と実行が求められています。

明豊ファシリティワークスは、多数の建設プロジェクトで培ったZEB*⁸や省エネ・省CO2の技術ノウハウを活用し、お客様の脱炭素化、再生可能 エネルギー導入を支援します。

  • SBT:Science Based Targets
  • RE100:Renewable Energy 100%
  • *⁴ TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures
    (気候変動関連財務情報開示タスクフォース)の略称
  • *⁵ CDP:Carbon Disclosure Project
  • *⁶ SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称
  • *⁷ ESG:Environment Social Governance
  • *⁸ ZEB:Net Zero Energy Building

国内の温室効果ガス排出量の実績と目標

※実績値は環境省発表の温室効果ガス排出量より引用、目標値は弊社算定

気候変動に対する取り組み

こんなお悩み・課題をお持ちではございませんか?

  • 保有施設全体の 温室効果ガスの排出量の可視化と削減目標の設定が難しい
  • CSR、ESGの観点から 気候変動対策に関する情報開示 を戦略的に行いたい

民間企業様
  • 国・県の政策で対応を迫られているが 高い専門性が必要で体制構築が難しい
  • 施設数と関連部署が多く、部門横断型で効果的な進め方が分からない

自治体様
  • 脱炭素化の取組みを通じて、学内の環境意識向上、学外へのアピールを行いたい
  • 学内の合意形成をはかるため、費用対効果の高い施策 を知りたい

学校法人様

明豊ファシリティワークスは、お客様側のプロとして課題を可視化・定量化し、
2050年までのロードマップを早期に策定し、保有施設全体の脱炭素化を実現します

脱炭素化支援
コンストラクション・マネジメントサービスの概要

CO2排出量を可視化し、保有施設全体の 脱炭素化戦略の立案
CO2削減目標の設定と達成に向けた 脱炭素化ロードマップ を策定し、削減効果の高い施策を優先した
計画策定及び事業者選定進捗状況の可視化・一元管理 により、お客様の目標達成を支援します。

保有施設全体の
脱炭素化戦略の立案

現地調査、データ分析を行い、エネルギー消費量とCO2排出量を可視化
効果、実現性、費用を考慮した優先順位付けでCO2削減目標を設定

施設・施策単位の
CO2削減計画の実行

考えられる省エネ・創エネ施策を洗い出し最適なCO2削減計画を策定
実行段階の設計・施工者選定支援及びその後の履行確認

進捗状況を
定期的にレポート

目標達成に向けて進捗状況を厳格にモニタリング
ステークホルダー等への報告書を作成

明豊ファシリティワークスの強み

Point 1
インハウスの専門技術者が
中立的な立場でお客様を支援

建築、設備、コスト、データアナリスト等のインハウスの専門技術者でマネジメントチームを結成します。
技術的な中立性を確保しつつ、脱炭素化戦略の立案から、具体的なCO2削減計画の策定、そのマネジメントまで、全期間を通して、お客様の脱炭素化計画を円滑に推進します。

Point 2
費用対効果を考慮した
有効なCO2削減施具体策の提案

省エネ・創エネに特化した、環境配慮型プロジェクト実績で培った技術ノウハウを活用し、費用対効果の高いCO2削減策を提案します。
CO2削減量とイニシャル・ランニングコストを高い精度で算出し、定量的に比較・検討することで、的確な削減目標の設定と目標達成に向けた精度の高いロードマップを策定します。

Point 3
多拠点情報管理システムで
必要な情報を可視化・一元管理

当社独自の多拠点情報管理システムで脱炭素化のプロセスでDXを実現、保有施設全体、個別単位のCO2排出量、削減目標、削減量の推移、発生費用などの情報を可視化、一元管理します。
関係者全員が最新情報をリアルタイムで把握できるとともに、一元管理したデータを所定の書式でアウトプットして社内外にレポーティングすることも可能です。

脱炭素化支援コンストラクション・マネジメントサービスに関する相談窓口

CO2排出量の可視化、削減目標の設定などの脱炭素化戦略の立案から
具体的なCO2削減計画の策定・実行まで、お気軽にご相談ください。

0120-965-475

受付時間 平日9:00 ~ 17:15(夏季休業および年末年始を除く)
※フリーダイヤルは当社サービスに関するお問い合わせ専用となっております。

フォームでのお問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問合せください。
担当スタッフより、お電話またはメールにて、折り返しご連絡させていただきます。

ZEB・環境配慮型のCM事例
ZEB・環境配慮型のCM事例

さらに明豊FWやCM方式について
詳しく知りたい方は

明豊FWについて

明豊FWは、お客さま側に立つプロとしてお客さまの建設プロジェクトを支援いたします。明豊FWの具体的な役割や、明豊FW採用のメリットにつきご紹介いたします。

会社概要・主要取引先

明豊ファシリティーワークスの会社概要や主要取引先などをご確認いただけます。会社規模や有資格者一覧、受賞実績なども掲載しています。

導入の流れ

お客さまからご連絡をいただき、私たちが建設プロジェクトの支援をさせていただくまでの流れをご紹介いたします。

よくあるご質問

お客様から多く寄せられるお問い合わせについて解答します。また、より明豊FWがわかる資料をダウンロードいただけます。