建設プロジェクトでお悩みの方へ|明豊ファシリティワークスのCM方式

建設プロジェクトにおけるお客様の課題

建設プロジェクトのプロに、
あなたの会社の課題をご相談ください。

明豊ファシリティワークスなら、コンストラクションマネジメント方式を通じて建設プロジェクトの課題解決にお役にたてるかもしれません。

MERIT明豊ファシリティワークス採用
5つのメリット

私たちは、お客さまの立場から、建設プロジェクトの課題解決を得意とする会社です。建設プロジェクトにおける明豊ファシリティワークス活用のメリットをご紹介いたします。

1.プロジェクトの早期立上げ

お客さまの課題を抽出し、「何を(計画)」「いくらで(予算)」「いつまでに(スケジュール)」「どのようにして(体制)」を明確にし、早期にプロジェクトを具現化いたします

判断材料の少ない事業の構想段階で、弊社がお客様のプロジェクト目的やコンセプト、設計・施工の難易度、建築予定地の適合性、行政手続などのプロジェクトの諸条件を整理します。お客様の計画をCG(コンピューターグラフィック)などで具体化し、精度の高いスケジュール、予算をご提示することで、経営判断に関する意思決定を支援、プロジェクトの早期立上げを実現します。

1.プロジェクトの早期立上げ

2.お客様の業務負荷低減とノウハウの補完

プロジェクト期間を通して、お客さまと協働・サポートできる体制をつくります

建設事業の推進には膨大なタスクと多数のステークホルダーとの調整が発生し、プロジェクトの担当者には大きな負担がかかります。弊社がプロジェクト期間中、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)として、プロジェクト事務局を支援することで、お客様の業務負荷を低減し、お客様は本来のコア業務やより創造性の高い業務に注力頂けます。また、プロジェクト経験豊富なスタッフが建設事業のノウハウを補完、専門家としてサポートすることで、お客様内の合意形成や円滑なプロジェクト推進を支援します。

2.お客様の業務負荷低減とノウハウの補完

3.建設コスト削減

プロジェクト固有のリスクを見抜き、途中段階でのコストオーバーを未然に防ぎます

計画時点の予算に対し、建設コストが大幅に超過するケースが増えています。弊社は初期段階で精度の高い予算を策定、それ以降のコスト推移を常にお客様と共有することで、予算超過による手戻りを防止し、予算内でのプロジェクト実現を支援します。発注段階では、建設市場動向にあわせた発注戦略や入札参加者のリスクを低減する発注図書の作成により、公正かつ透明性を担保した競争環境を構築、設計段階ではVE(バリューエンジニアリング)手法を活用し、建設コスト削減を実現します。

3.建設コスト削減

4.工期短縮

プロジェクトの全体像をマスタースケジュールに落とし込み、遅延を防止します

プロジェクトの初期段階に完了までのシナリオを構築、マスタースケジュールとして提案し、「誰が、いつ、何をするか」を可視化します。ステークホルダーの役割分担と各段階で想定されるリスクを明確にし、想定外を減らすことで、プロジェクト遅延を防止します。また、設計・施工者選定段階では設計者・施工者から各社の技術力を活かした工期短縮提案を求め、それを精査することで、更なる工期短縮を実現します。

4.工期短縮

5.品質確保及びアカウンタビリティ (説明責任)の向上

お客さまのコンセプトと要求品質実現を支援し、ステークホルダーへの説明責任向上にも貢献します。

お客様が施設に求める要求品質について、プロジェクトのコンセプトを理解した当社技術スタッフ(建築、構造、電気、空調、衛生設備、ICTなど)が、最適化に向けた具体的な提案を行い、基本計画としてとりまとめます。基本計画をベースに設計者、施工者の技術提案を活用し、更に更なる最適化を行うことで、よりよい要求品質を実現します。また、弊社が技術的に中立的な第三者としてプロジェクトの妥当性を確認することで、アカウンタビリティ(説明責任)の向上に寄与します。

5.品質確保及びアカウンタビリティ(説明責任)の向上

FLOW導入までの流れ

1

まずはお気軽にお問合せください

まずは下記問合せフォームまたはお客様専用フリーダイヤルでお気軽にお問合せください。担当スタッフより、お電話またはメールにて、折り返しご連絡させて頂きます。お問合せの内容やプロジェクト状況についてお聞かせください。

お問い合わせフォーム

2

ヒアリング訪問

ご要望に応じて、担当スタッフがプロジェクト内容やお客様の課題について、ヒアリングにお伺いします。ご訪問時には、弊社のサービス内容や導入効果について、詳しくご紹介させていただきます。

3

お客様にあわせたサービスメニューをご提案

お客様の課題解決のために、最適なプロジェクトの進め方とそれにあわせたサービスメニュー、業務料をご提案します。サービスメニューはお客様のご要望やご予算に合わせてオーダーメイドでご提案しています。

4

契約後、プロジェクトスタート

サービスメニューや業務料をご確認頂き、契約後、業務を開始します。弊社はお客様との信頼関係構築のため、業務開始後、すみやかにマネジメント方針書を作成し、プロジェクトの目的や達成目標、双方の役割分担などを確認した上で、プロジェクトを進めていきます。

5

導入後のフォローもお任せください

明豊FWはプロジェクトに必要な各分野の専門スタッフをアサインし、最適なプロジェクトチームで、お客様の課題解決を確実に推進します。また、明豊FWはご契約後も営業担当者がクライアントエージェントとしてプロジェクトをサポートし、初期段階にお聞きしたお客様のご要望事項を的確にハンドリングいたしますので、ご安心ください。

ABOUT明豊FWやCM方式について詳しく知る

明豊ファシリティワークスや建設プロジェクトにおけるPM/CM方式や活用事例についてさらに知りたい方は、下記のページをご覧ください。

FAQよくあるご質問

お問合せ時にお客さまからいただいたご質問のなかから、導入時に生じる疑問や心配事などをまとめています。ご不明な点がございましたら、お電話やお問合せフォーム経由でお問合せいただくこともできます。

プロジェクトの途中でもご相談できますか?
既に進捗しているプロジェクトの途中段階で、品質、工期、コストなどの実現性に不安を感じられたお客様からのご相談にもお応えしています。
業務のメニューはどのように決まるのですか?
まずはお客様の課題をお聞きし、課題に合わせてオーダーメイドでご提案させて頂きます。プロジェクトの特性やリスクを抽出しながら、最も効果的な進め方をご提案させて頂いた上で、お客様とご相談し、最終的に業務メニューを決定させていただます。
業務料はどのように決まるのでしょうか?
弊社の業務料は、プロジェクトの内容、期間、サービスメニューにより、弊社プロジェクトチームの工数をもとに算出し、ご提案時にお見積をさせて頂きます。「費用対効果」を強く意識し、お客様にとって納得感の高い業務料をご提案いたします。
どのようなプロジェクト実績がありますか?
弊社はPM/CMのリーディングカンパニーとして、公共施設、工場・研究所、ホテル、商業施設、病院、学校、金融機関、アミューズメントパークなど様々な施設で多数のマネジメント実績があります。また、オフィス移転や働き方改革の支援などお客様のワークプレイス構築の支援実績も豊富です。
対外発表前の守秘性の高い情報を含むプロジェクトなので、情報漏洩が不安なのですが?
施工者やメーカー等に見積を依頼すると、検討段階で情報が拡がるのではないかとご心配されるお客様がいらっしゃいます。明豊FWであれば社内に技術者・専門家を抱えているため、お客様の情報を守りながら、課題解決に向けてワンストップでお応えできますので、安心してご相談ください。
部署を横断するプロジェクトのため、社内の合意形成にもご協力いただけますか?
専門家として、複雑な建設プロジェクトをわかりやすく可視化することで、プロジェクト関係者様の合意形成を支援しています。また、円滑な経営判断、事業決定に必要な判断材料となる資料を、お客さま側の立場で作成し、ご要望に応じてアレンジしながら、ご提供可能です。

お問い合わせ

0120-965-416

受付時間 平日 9:00〜17:15(夏期休業および年末年始を除く)
※フリーダイヤルは当社サービスに関するお問い合わせ専用となっております。

お問い合わせ